代表挨拶

ごあいさつ

鬼頭鉄工所 本社

株式会社鬼頭鉄工所WEBサイトをご覧いただきありがとうございます。弊社は鉄・ステンレスをはじめとした金属切削、旋盤加工の会社です。自動車用部品の加工を主として、1953年の創業以来、お客様をはじめとした多くの方々に支えられ、今日を迎えることができています。

企業には三つの資本があるといわれています。一つ目はお金の資本、二つ目は技術の資本、三つ目は品性の資本です。働く人の人間性が会社の資本となるという意味です。社会のため、お客さんのため、会社のために働くという気持ちを持った人が多く、そして働くことに幸せを感じる人が多い会社こそ、第三の資本[品性資本]が多い会社と言えます。

経済のグローバル化や技術の発展が加速していく時代のなかで、この品性資本こそが企業にとって最も重要であると考えます。利益や売上増ばかりを求めるのではなく、働く人が幸せになる企業、関わる人を幸せにする企業、永続していける企業、株式会社 鬼頭鉄工所はそんな会社を目指しています。

株式会社 鬼頭鉄工所 代表取締役社長

鬼頭 篤史


経営基本理念

全員主役

社員一人ひとりが主役となり、やりがいを持ち、安心して働ける会社を目指す

共存共栄

顧客、協力企業、地域と信頼関係を構築し、助け合い、共に発展する会社を目指す

社会貢献

常に新たな挑戦を続け、日本のものづくりに貢献する会社を目指す


会社情報

基本情報

鬼頭鉄工所 工場内
会社名株式会社 鬼頭鉄工所
本社所在地愛知県名古屋市港区小碓一丁目458
代表者代表取締役 鬼頭篤史
資本金1,000万円
創業昭和28年(1953年)
従業員数36名
売上高14億5,000万円
(2018年度)
事業内容自動車用金属部品切削加工等
取引銀行三菱UFJ銀行高畑支店
十六銀行六番町支店
名古屋銀行中島支店
愛知銀行当知支店
取引先日本特殊陶業株式会社
セラミックセンサ株式会社
株式会社佐藤製作所
株式会社スギヤマ
名古屋メッキ工業株式会社
(順不同、敬称略)

会社沿革

旋盤 加工
1953年愛知県名古屋市熱田区二番町一丁目5番16号にて開業
1961年日本特殊陶業株式会社とスパークプラグ主体金具加工で取引開始
1967年工場移転 現在本社のある愛知県名古屋市港区小碓一丁目458番地に工場開設
1978年株式会社 鬼頭鉄工所として法人化 資本金500万円
1987年第二工場開設 港区小碓四丁目210
1995年資本金1000万円に増資
2000年本社工場をスパークプラグ用金具製造中心から、酸素センサー用金具製造中心に切り替える
2003年ISO9001認証取得
2005年ISO14001認証取得
2006年第二工場北隣に新工場増設
2010年第三工場開設 愛知県名古屋市中川区西中島一丁目710
2019年鬼頭篤史 代表取締役就任
2020年津島工場開設 愛知県津島市白浜町番場50 (第三工場閉鎖)